FC2ブログ
~ 観劇、鑑賞の記録。リンク集そしてデータベース ~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
演劇「ゼブラ(ONEOR8)」
11月某日 演劇「ゼブラ(ONEOR8)」シアタートップス
■公式HP


*4姉妹と母の母子家庭。父親は幼い娘を残し女と逃げた。
長女と四女は嫁ぎ、次女も挙式間近。三女と暮らしている母親は入院中で余命幾ばくもない状況。入院中の母親を見舞ってそれぞれの家族が集まる。夫の浮気に悩む長女。マリッジブルーの次女。夫の浪費癖に悩む四女。そんな時に母親が入院前に申し込んでいた葬儀の生前予約の確認に葬儀屋がやってくる。
ONEOR8の代表作、初の再演。

田村孝裕率いるONEOR8、初観劇。代表作と言うこともありいい作品。
何かが変わることや、何かが成長することがドラマとしてのイデオロギーなら、それをさりげなく否定しているかのよう。物語は人の人生のほんの少しを切り取っただけ。その時間をどう多角的に見て、どの角度から見せるか、それも物語の作り方。その角度によって奥行きも広がりも感じさせ、人をより曖昧な生き物として描いているようだ。

回想シーンや、回想と現在がクロスするシーンなどの演出も巧く、若い役者ばかりなのに勢いに任せる部分がまったくないしっかりとした芝居だった。特にラストの演出は秀逸。
今年3本目の田村孝裕脚本の芝居だったが、全部家族の意地の張り合いと、家族の誰かが死ぬという内容だった。偶然だろうが、他のタイプの芝居も観たい。


071110.jpg

スポンサーサイト

テーマ:観劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント
この記事へのコメント
はじめまして
こんにちは。またきますね。
2008/11/19(水) 00:32:11 | URL | mikako #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。