FC2ブログ
~ 観劇、鑑賞の記録。リンク集そしてデータベース ~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画「M」
10月某日 映画「M」 ユーロスペース
■公式HP

*夫と子供と郊外の一軒家に暮らす、一見幸せな妻。しかし夫婦はセックスレス。妻は出会い系で援助交際を始める。偶然その妻と知り合った少年は、虐待を受ける母をかばって父を殺した過去を持っていた。そして少年はその妻に母の姿を重ねる。妻は援助交際が地元のヤクザにばれて、脅迫され売春婦として客を取ることになる。それを知った少年は助けようと試みるが、妻はその境遇にある種の快楽を憶え始めていた。

現実の曖昧さというものを繕わずに正面から撮っている。主演の美元高良健吾の不安定さが、新人という部分なのか演出なのかは解らぬが、その現実の曖昧さを体現していた。きちんと整理がついていないであろう妻の秘めた快楽を、全く認識できない少年の目線に絡めて描くあたりは巧い。無理にその快楽を説明するポジションの役を作らず、あぶり出すようにMという快楽を内と外から描き出していた。
ただヤクザ役の田口トモロウがあまりにもはまり役過ぎて、主演二人とのバランスが取れてなかった感が。石川KINか佐野和宏で観たかった。
脇で出ていたなすびがかなりイイ! 舞台観たいな~。

全国で順次公開だそうだ。開けなくていい扉が開いてしまうかもしれません。観劇はお気を付けて(笑)

071016.jpg

スポンサーサイト

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。