FC2ブログ
~ 観劇、鑑賞の記録。リンク集そしてデータベース ~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
演劇「ソウルの雨(弘前劇場)」
10月某日 演劇「ソウルの雨(弘前劇場)」 シアターグリーン
■公式HP

*青森の美術館。休館日に展示物の製作に追われる職員と作家達。そこに訪ねてきたは韓国から視察に来たキュレーターと、現在青森に住んでいるそのキュレーターの兄夫婦。
その兄妹の祖父祖母は戦時中に韓国人と日本人という禁断の恋に落ち、その後の動乱の中で波乱の生涯を送っていた。
実在する青森県立美術館を舞台に、韓国の劇団「劇団コルモッキル」とのコラボレーションとなった芝居。

人種や国と国と問題ということに寄って物語を描くのではなく、それを踏まえた上で現代に生きる人間と人間の物語として描いていた。
問題意識をテーマに据える物語は多いが、そこだけに目が向いて今の実際の生活や時代が見えてこない作品が多い。極端な話、この舞台は在日という設定を取り払っても人間同士の物語で成り立ってしまうのではないか、と思える部分は多かった。描くのは人間である。という姿勢が明確。それは韓国劇団を迎えても、どんなテーマを持ってこようとまったくぶれていない。さすが弘前劇場。
ただ今回のオープニングでいきなり踊られたヒップホップのダンスは、いらないな~~(苦笑)

071020.jpg

スポンサーサイト

テーマ:観劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。