FC2ブログ
~ 観劇、鑑賞の記録。リンク集そしてデータベース ~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
演劇「夏きたりなば」
9月某日 演劇「夏きたりなば」本多劇場
■公式HP


*休日の朝、妻の妹が大事な人を連れてくると言うことで、家族は家の片付けに追われる。しかし妹が連れて来たという相手は、恋人でも婚約者でもなく、介護の仕事をして知り合ったという独居老人の男だった。
足が悪く歩けなくなる日も近いということで、そうなる前に家族の団らんを味あわせてあげたいという事だった。渋る妻を尻目に夫と娘は家族ごっこをしようと架空の家族となって老人を迎え入れようとするが……。
ふたくちつよし作の舞台。4年ぶりの再演。

軽妙なノリで始まっていく物語は一見家族劇のようだが、仕込まれた問題は社会的にも、パーソナルな部分においても根深く重たいものだ。しかしそこをハッキリとした言葉や社会的背景で浮き立たせることをせず、家族という世界だけで見せている。観る人間の背景によって見方の角度はかなり違うかもしれないが、確実に芯を見つめられるわかりやすさと、噛みしめ甲斐のある作品だ。

主演仁科亜季子。小学生の頃好きだったのだ。ませたガキだが(笑)。年齢を言うのも何だが一回り上という年齢にはとても見えぬ美しさである。
再演ということで、妹役と娘役が変更になっている。仁科亜季子と小林美江の姉妹、達者な役者同士ということで片付けてしまえないずっしりとした見応えがあったな~。初演のキャストで見たらこんなに面白いと思わなかったろう。誰だったとは言わないが(苦笑)。

時代や地域も問わず受け入れられる作品だし、仁科亜季子のネームバリューがあれば全国公演も出来そうだが。東京だけの公演じゃもったいない。

070922.jpg

スポンサーサイト

テーマ:観劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。