FC2ブログ
~ 観劇、鑑賞の記録。リンク集そしてデータベース ~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダンス「ミミ(室伏鴻+黒田育世)」
9月某日 ダンス「ミミ(室伏鴻+黒田育世)」赤坂RED Theater
■公式HP


キャリア40年という室伏鴻と新進気鋭の黒田育世の組み合わせ。黒田育世は自身のカンパニーBATIKを何度か観ている。その時の印象はとにかく強いダンス、そして生粋のソリストなんじゃないかと思えるパフォーマンスだった。ソロの公演を観たことはないが、カンパニーでの公演もダンサーを率いて、という感じが強かった。なので今年春に行われたコンドルズの近藤良平とのデュオの公演はどうなるか楽しみだったのだが、チケットが取れず悔しい思いをした。なので速攻で今回はチケットを取り観劇。

演劇的要素も強く、今までのBATIKとは一味も二味も違う趣。コラボレーションと言うより、室伏鴻の世界に黒田育世が入り込んだ感じか。
組み合わせの問題なのか、資質がそうなのか、やはり黒田のソリストとしての側面がデュオとしての成り立ちを崩してしまっていた。室伏が黒田を受ける事が出来てもその逆が成り立っていない。分かち合えない空気感がどうにも……という感じ。
とは言え黒田育世にとって新しい世界の開拓には違いないだろう。

室伏鴻は初めての観劇だったが、60年代のアングラの香りが漂う。
壊させなかったのか、壊れなかったのか、壊そうともしていなかったのか、黒田育世という21世紀のダンサーとぶつかってもみじんも崩れないスタイル。このコラボに何を求めたのだろう、と考えながら観ていたがわからずじまいだった。だた二人のポテンシャルの高さだけはまざまざと見せつけられた。そしてソロ公演を観たい、とつくづく思うのだった。

070917.jpg

スポンサーサイト

テーマ:ダンス - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。