FC2ブログ
~ 観劇、鑑賞の記録。リンク集そしてデータベース ~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
演劇「カッコーの巣の上を」
8月某日 演劇「カッコーの巣の上を」新宿サニーサイドシアター
■公式HP

*犯罪収容所の強制労働を逃れるべく精神病患者を装い施設に潜り込んだ男。そこで患者達を束ねて牛耳ろうと考えたが、施設を支配している看護婦長に行動を監視され自由を奪われる。そして脱走を図るが失敗に終わり、看護婦長は男に最期の制裁を加える。残された患者達は……。
映画にもなり、幾度と無く舞台化もされている小説が原作。

映画のおおまかなストーリーでは知ってはいたものの、改めてストーリーに引き込まれ、2時間半の舞台に魅入った(かなり足腰にきたが……泣)。
キャスティングのはまり具合、演出の確かさ、かなりレベルが高い。客席50人足らずの劇場で観れる芝居ではない。さすがサニーサイド。
しかしこの味わい、吹き替え版の映画を観ているような感じが。台詞回し仕草、そういったものが何かお手本をなぞっているような感じも。設定はアメリカで、マクマーフィー、ラチェッドと言った役名。これを設定を日本にして、佐藤、田中、で演じたら、この味わい、このストーリーは伝わっただろうか? きっと翻訳劇の難しさはそこにあるのだろうと思う。

070822.jpg

スポンサーサイト

テーマ:観劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。