FC2ブログ
~ 観劇、鑑賞の記録。リンク集そしてデータベース ~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
落語会「 志らくのピン~シネマ落語(マイフェアレディ )立川志らく」
7月某日  落語会「 志らくのピン~シネマ落語(マイフェアレディ )立川志らく」新文芸坐
■公式HP
■シネマ落語配信HP

まずは「厩火事(うまやかじ)」と「錦の袈裟(にしきのけさ)」。
「厩火事」、ひさびさに聞くチンパン探偵の歌に大笑い。オリジナルが聞いてみて~(笑)。
で、この噺のテーマともなることわざ「夫婦喧嘩は犬も食わない」だが、これを再現する志らくさん。多分このことわざが出来てから、このことわざを再現した人間はいないのではなろうか(笑)。
「錦の袈裟」は初めて聞く噺だ。志らくさんが始めに解説されたように与太郎に女房がいる、という前提の噺は珍しい。与太郎に女房をあてがう、と言う噺ならなきにしもあらずだが。この与太郎の女房が何故そんなに機転の利く女房なのか、何故そんな女房がいるのか、という部分はまったく語られない。それがシネマ落語につながるとは……。

続いて「たらちね」。前座噺だそうだ。確かに前座さんで良く聞く噺で、そのせいかまどろっこしい面白みのない噺という印象が強い。ふくらましようのない噺故にどこに志らく流狂気をぶち込んでくるのか、と思ったが、意外とあっさり余韻を残して終わる。
そして本題の「マイフェアレディ」が「たらちね」の下として語られる。ネタばれになるので詳しくは記せないが、今まで聞いたシネマ落語の中で、一番落語っぽい噺だった。それこそ「たらちね」の下であり、「錦の袈裟」の上である。

かねてから志らくさんがシネマ落語は新作落語ではなく古典落語だ、と言ってるのが今回よ~くわかった感じ。だからこそ思ってしまった。ほかの噺家さんでもこの「たらちね」の下を聞いてみたいと。そういう伝承と発展があってもいいと思うのだがな~。

スポンサーサイト

テーマ:落語 - ジャンル:お笑い

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
志らくのピン シネマ落語編「マイ・フェア・レディ」 2007年7月25日(木)会...
2007/07/30(月) 23:00:04 | らくごのパッチBLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。