FC2ブログ
~ 観劇、鑑賞の記録。リンク集そしてデータベース ~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
落語会「橘蓮二写真集「高座」出版記念の会」
6月某日 落語会「橘蓮二写真集「高座」出版記念の会」国立劇場小ホール

高座?橘蓮二写真集
橘 蓮二
河出書房新社

大型本

¥ 5,670(税込)
created by r-pd.com



写真集発売に合わせての落語会という前代未聞の会。それも昼12時開演。チケット買ってから気づいて、慌ててこの日に向けて朝方の生活に戻した(笑)。

まずは昨年真打ちに昇進し、映画「しゃべれども、しべれども」で国分太一を指導したとして最近マスコミ露出が高い柳家三三。ちょうど昇進直前に何度か観たが、この一年で数段上手くなっている。固い落語をやるタイプと思っていたが、リズムが豊かになっていた。一皮剥けるというのはこういうことか~、と納得の高座。

続いて林家彦いちがいつものようにがつっと力業の新作を。熱血漢の顧問が怪談サークルをビシビシ指導、という訳のわからなさ。なのに旨いと唸ってしまった(笑)。このネタは学校寄席でやったら鉄板ネタだろうな~。
かくいう彦いちさんも写真集を出している。橘蓮二にだって撮れない身内だからこその自然で伸びやかな芸人さん達の写真集である。嫉妬心メラメラ(笑)

楽写
林家 彦いち
小学館

単行本

¥ 1,400(税込)
created by r-pd.com



紅一点の太神楽の柳貴家小雪。神楽をピンで高座でやられている芸人さんを初めて見た。何となく神楽はチームでやるものだと思ってた。勉強足らんな~。
神楽を見ていつも思うのがプロレスの技だ。お客が痛そう、と思う技ほど痛くなくて、効いてそうにもない技が実は痛い、とい話をレスラーのインタビューで読んだことがある。神楽もきっとそういう部分ってあるんだろうな~。簡単そうに見せたら芸として成り立たないし、難しそうにやったら修業が足らん、と思われるだろうし、その見せ方の塩梅がホントの部分の芸かも。

中〆は立川談春。「文違い」をどっしりと。騙し騙されの噺だが、芳次郎の肝の据わった騙しっぷりが秀逸。自が出てる感じが……(苦笑)

中入り後は林家二楽。いつもの紙切りに、プロジェクターを使って影絵的にストーリー立てて見せるパターンも披露。BGMは陽水の「少年時代」。すんばらしいマッチング! 涙腺が小さく決壊(笑)

トリは立川志の輔。初観劇。以前から個人的に「抜け雀」の謎であった“かごかき”の説明の下り、マクラで説明を入れるのでなく、ちゃんとネタに仕込むやり方であった。初めて聞く人にはちょっと唐突すぎる感が。しかし、昼の12自開演で即日完売の落語会に来るコアなお客には無用の心配であろう(笑)
パルコ落語をWOWOWで録画してあったのだが、これでやっと見れる。個人的掟として、まずは生で高座を観てから映像で観る、というのがあり、昨年と今年の分、2年分が未見でHDに残されているのだ。さあ観よ~!

写真集は同業者なのでコメントは控えます(笑)。ちなみに橘蓮二写真集「笑現の自由」にあるダンディ坂野の舞台上の写真を見て泣けてしょうがなかったです。



スポンサーサイト

テーマ:落語 - ジャンル:お笑い

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。