FC2ブログ
~ 観劇、鑑賞の記録。リンク集そしてデータベース ~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
演劇「清水ひとみの大女優宣言vol.4 」
5月某日 演劇「清水ひとみの大女優宣言vol.4 (WAHAHA本舗Presents)」新宿ゴールデン街劇場
■公式HP


WAHAHA本舗の若手女優・清水ひとみと3人の猛者による3作のオムニバス舞台。猛者は省吾(ポカスカジャン)・コンタキンテ・土井よしお(ワンダラーズ) 。猛者というより曲者か(笑)。

変態同士のお見合いをテーマにした『緑魔子は二度ベルを鳴らす』をVS.省吾(ポカスカジャン)で。
変態の尊厳と定義、そして融合を描いて、同門同士と言うこともありかなりリズムの合った芝居。変態という人種を演じている二人に、何の違和感も感じなかった(笑)。

断酒会で出合ったアル中同士の恋物語『世界の中心でもたいまさこを叫ぶ』をVS.コンタキンテで。
これは再演らしい。登場したコンタキンテ、顔が変(笑)。連日の舞台での演出による大量水分摂取によりむくんだ、というより腫れた顔。普段ストイックに鍛えている体に、芝居とはいえ暴飲したがために、症状が極端に出てしまったそうだ。美男子がだいなし(笑)。
脚本自体、コンタキンテの為の当て書きだそうだ。大川興業時代から培われてきたキャラが十二分に発揮されていた。演出家や作家がいじりたくなるキャラなのだろうか、当て書きでいじられる事が多い役者さんだ。また来月も舞台に出演。どういじられているか楽しみだ。

新米探偵と浮気調査で尾行されている男との駆け引きを描いた『嫌われ石原真理子の一生』をVS.土井よしお(ワンダラーズ) で。
見た目が完全に不信者である土井よしおが、実は心優しき男である、という展開にはかなり惹かれた。これオムニバスの短編ではなく、ちゃんと本寸法にしてもいけるんじゃなかろうか。その方が土井よしおの魅力はもっと出るような気がした。この作品は土井よしおの勝利という感じ。

こういった芝居は劇場で観るより、たとえばカフェやらライブハウスのようなところで、もう少しゆるい雰囲気で観た方が絶対に楽しい。まあ小屋の椅子の座り心地が悪いというのもあったのだが、芝居を観る、という肩に力が入った雰囲気よりもコメディーショーを観るというような構え方の方がいいような感じがした。


070520.jpg

スポンサーサイト

テーマ:観劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。