FC2ブログ
~ 観劇、鑑賞の記録。リンク集そしてデータベース ~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
落語会「栄助・天どんの会」
4月某日 落語会「栄助・天どんの会」下北沢劇小劇場
春風亭栄助 三遊亭天どん 三遊亭白鳥


若手二つ目落語家二人による新作の会。若手と言っても落語家年齢(笑)。ゲストに真打の三遊亭白鳥を迎えての、私的にツボの布陣。
落語会では普通なのかもしれないが、ネタの題名を言わないので記事が書きづらいんだな~。古典は何かしら調べれば題名くらいは解るのだが、新作となると発表してくれない限りわからないままである。んでもってネタ下ろしともなると内容を書いたらマズイだろうし……。なので、アバウトな表現で逃げるしかないのである。

今回の会は二人会ということもあり、二人が参加している新作の会「せめ達磨」よりもまったり感が強い。それに二人共にマクラのネタが面白すぎて、本編の前にお腹一杯感が(笑)。もうちょっとアッパーな雰囲気があっても良さそう。でもアッパーで肩に力の入りまくったな天どんは見たくないな~(笑)

で、弟弟子の会でネタ下ろしをやってしまった三遊亭白鳥。得意の動物ネタでぐわ~っと惹き付ける。そして惹き付けるだけ惹き付けといて、「この続きは25日の独演会でお話しします」ってオイ!(大笑)
ちなみにその25日は、別の処で同じく栄助・天どんと、柳家喬太郎での会がある。客を奪う気満々かい(笑)

070409.jpg

スポンサーサイト

テーマ:落語 - ジャンル:お笑い

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。