FC2ブログ
~ 観劇、鑑賞の記録。リンク集そしてデータベース ~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画「バブルへGO!!タイムマシンはドラム式」
4月某日 映画「バブルへGO!!タイムマシンはドラム式」
シネマート六本木

■公式HP


偶然タイムマシーンが開発され、それを使い17年前のバブル崩壊直前の日本にタイムスリップして、バブル崩壊を食い止めるのだ! という話。

景気が上向いているのだな、と感じるのは、十数年前に地上げされそのままになっていた近所の空き地や建物が、去年の夏ぐらいから続々と再開発されていたり、この春の新入社員とおぼしきスーツの若者の顔つきが、いや~~な顔つきになったな~と思えてならない時だ。
なにせ自慢ではないがバブルエイジである。バブル真っ直中に出版社で働いていたのである。しかし何故か当時は年収240万(苦笑)。華やかな六本木やベイエリアの風景はテレビの中の出来事だった。そこを書き出すと長くて辛い文章になるので割愛するが、まぁそんなバブル時代のいや~~な匂いが漂い始めている昨今、この映画の制作意義は!?

ホイチョイプロダクション+フジテレビ、という諸悪の根源のような組み合わせ(笑)で作られたのだが、ハッキリ金がかかってない! バブル当時の風景の再現など、小箱のディスコとヨットでのパーティー風景くらい。規模小さすぎ、地味すぎ、ちゃちい! バブル時代の意味もない無駄さ加減がまったく描かれていない。CGでも何でも使ってもうちょっと派手な絵面は作れたろうに、と思ってしまう。それこそ深夜枠で、春のスペシャルドラマ5日間連夜放送! 的な物ならかなり楽しめたのだが。
ストリーは単純明快で笑って楽しめるのだが、バブルの狂乱を描き切れていないのがかなり残念。もっとバカに作ればいいのに。主題歌も加藤ミリヤじゃないだろ、東京プリンの「バブルアゲイン」だろ~!

にしても景気が上向いていくのは歓迎だが、バブルのバカなはしゃぎっぷりが繰り返されるのだけは勘弁して欲しい。

070403.jpg





スポンサーサイト

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
吹石一恵ファンの方必見!!!吹石一恵の水着画像や動画、壁紙etcを集めてみました!!!ファンのみなさんのお役に立てればと思います。最新の吹石一恵情報も日々更新していきますのでチェックしてみてください!!!!!
2007/04/17(火) 19:52:11 | 吹石一恵水着画像ブログ:水着画像&動画etc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。