FC2ブログ
~ 観劇、鑑賞の記録。リンク集そしてデータベース ~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画「聴かれた女」
3月某日 映画「聴かれた女」ボレボレ東中野
■公式HP


壁の薄いマンションに引っ越してきた男。隣の部屋の若い女の日常を壁越しの声や物音で感じながらの生活が始まる。その若い女につきまとうストーカーの影、そして女の彼氏。壁越しの声だけでは飽きたらず盗聴へとエスカレートし、その若い女の生活に近づこうとする男。しかしそこで自分より先に仕掛けられた盗聴器を見つけ、妙な展開へと発展していく、という話。

山本政志監督作品故、何かしらのアジテーション的な物が潜んでいるのかと思って観ていたが、大ざっぱなのに妙に緻密な構成と、リアルな会話のテンションと展開に引き込まれるうちに、そのあたりのアジテーションを期待する気分はどうでもよくなった。が最後の最後にキター、思いも寄らないアジテーション。それは男に女を問うというものだった。そのアジテーションが最後に蒼井そらの笑顔からこぼれたとき、男は返す言葉をなくすしかないのだ。

蒼井そら主演作は「つむぎ」で観ていたが、さらにいい役者になっていた。佇まいがいい。“がんばって演じてます!”感が全面に出る若手役者のうっとうしさがない。こういう希有な役者はもっと正当な評価をされるべきだ。
ベットシーンが妙にリアルでいやらしかった。ある種映画的ではないリアルさだな~、と思ったら、ベットシーンは蒼井そらが監督したということだ。こういうリアリティは大事である。部分的な監督交代は成功であろう。

あ~それにしてもハチミツ二郎が羨ましいと言うか憎いというか……(苦笑)

070306.jpg


聴かれた女


DVD

¥ 3,701(税込)
created by r-pd.com



つむぎ
高原秀和
那波隆史
小林智

DVD

¥ 3,990(税込)
created by r-pd.com



スポンサーサイト

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
引越し屋、引越し業者(会社)選びのコツや引っ越しを格安で行うための見積もり案内、引越し会社の解説、引越手続きなど
2007/03/12(月) 09:36:16 | 引越屋、引越業者(会社)比較・見積もり・手続きのポイント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。