FC2ブログ
~ 観劇、鑑賞の記録。リンク集そしてデータベース ~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プロレス「アパッチプロレス軍」
2月某日 プロレス「アパッチプロレス軍」後楽園ホール
■公式HP
■試合詳細


第1,2試合 遅刻につき未見

第3試合 GENTARO,Hi69 vs 日高郁人,藤田ミノル
Hi69の終盤のアゲ方は良かったがやっぱりやや空回り。数年ぶりに観た日高。巧! アパッチのリングは久々ではなかろうか。ZERO1でベルトを取った実力からすれば当たり前なのかもしれないが、巧みさに力強さが加わった感じ。試合を魅せれる数少ない選手。

第4試合 葛西純,本間朋晃 vs ジ・ウィンガー,MAZADA
タックなのだが連携が双方取れていない感じ。葛西純,本間朋晃のコンビってどうなんだろう? 水と油的な感は否めないが、化けそうな感じもなきにしもあらず。しかし本間朋晃のラダーの使い方が下手(笑)。使い慣れずぎこちない様が妙に可笑しかった。

セミファイナル マンモス佐々木 vs 小島聡
確実に今年のインディー界の台風の目になるマンモス。ビックマッチが2月に3試合組まれている。初戦の相手は小島聡。アパッチと相思相愛のメジャーの雄。何度目かの参戦だが、今まではアパッチという荒くれ団体の懐に一旦入ってから懐を破るような戦術だったが、今回はもう初っぱなから容赦なしのガチ! パワーでは引けを取らないマンモスとバチバチのやり合い。場外での乱闘でダメージを受けかなり危ない場面もあったが、最後は格の違いでフォール。見応えのあった試合。小島は全日で観るより絶対アパッチ戦の方が面白い。メジャー、インディー双方の大贔屓選手のぶつかり、至福のベストマッチ!

メインイベント 金村キンタロー,黒田哲広 vs 真壁刀義,佐々木貴
勝ったど=!!! という一戦。悲願の真壁戦勝利。前半いつものように押されっぱなし(苦笑)。こりゃ今回も……と思ったが、流石に有刺鉄線デスマッチとなると真壁はアウエイ。終盤有刺鉄線ロープにたたき込まれて以降、動きが鈍った。最後はスキをつかれたように有刺鉄線ボードに投げ込まれアウト。日本一熱いファンと呼ばれるアパッチの会場、歓喜の叫びは凄かった!
今回は真壁か金村からフォールを取らねば勝ちとならない試合だったため、タッグ戦とはいえ金村 vs 真壁の感が強かった。しかし佐々木は強くなっている。アパッチ軍の中で反乱軍を率いて1年、相当実力が上がった。団体内抗争ってのは痴話喧嘩みたいで面白みがなく嫌いなんだが、佐々木の充実ぶりがあるゆえに今回の抗争は面白い。

070202.jpg

スポンサーサイト

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。