FC2ブログ
~ 観劇、鑑賞の記録。リンク集そしてデータベース ~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
落語会「 志らくのピン~シネマ落語」
1月某日  落語会「 志らくのピン~シネマ落語(素晴らしき哉! 人生 )立川志らく」新文芸坐
■公式HP
■シネマ落語配信HP

シネマ落語最高傑作と言われている「素晴らしき哉! 人生」。
相当ベタな人情話。主人公の人情医者は善人極まりない設定。こんな善人いるわけない、となる筈が、前ふりとなる古典落語「親子酒」で、この善人は元は大酒飲みでどうしようもなかった、というキャラ付けがされ愛嬌が増す。貧乏長屋の住人にも「宿屋の富」「お化け長屋」の二席でキャラ付けがされ、善人との絡みでおかしみを増していた。
まったくベタベタな人情劇……しかし最後に泣けたな~。ここまでベタだといい話だな~、で終わりそうなものだが。語りの恐ろしさである。
しかし志らく師匠、これを主人公を善人から与太郎へ180度変えた話にしつらえ直したいらしい。そちらの方が落語的だとか。せっかくのいい話を台無しに……して欲しい(笑)

070125.jpg

スポンサーサイト

テーマ:落語 - ジャンル:お笑い

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。