FC2ブログ
~ 観劇、鑑賞の記録。リンク集そしてデータベース ~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
演劇「一軒の家・一本の樹・一人の息子」
1月某日 演劇「一軒の家・一本の樹・一人の息子」新宿サニーサイドシアター
■公式HP

家を買ったはいいが、それは詐欺で、新しい家はおろか住んでいた家も追い出され、家族と荷物は公園へと運ばれた。家主の主人は、騙されて行く宛のない事をまだ家族には言えないでいた。心を病んだ妻と老いた父、そしてその公園で出会った男女との奇妙なひとときを描いた作品。
別役実vsコンタキンテ、と銘打った公演。まるでコンタキンテへの当て書きのような戯曲。

膨大な台詞量。前回の主演舞台から3週間でこの公演に挑んだコンタキンテという役者のポテンシャルは凄い! そしてこの難解な戯曲を見事に体現していた。この戯曲にコンタキンテを当て込んだ制作のセンスがいい。もともと新劇の戯曲らしいが、正直新劇でこれを見せられたらさっぱりわからない話になっていただろう。
ただ共演者とのバランスが……。役の奥行き感が揃わなくて、コンタキンテ孤軍奮闘という感は否めなかった。

070119.jpg

スポンサーサイト

テーマ:観劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。