FC2ブログ
~ 観劇、鑑賞の記録。リンク集そしてデータベース ~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
舞台「泥つき~権助をさがして~」
12月某日 舞台「泥つき~権助をさがして~(劇団タイムラグ)東京芸術劇場小ホール2
■公式HP

劇団名の通り、時間差や時空などのシチュエーションを用いての芝居を演じる劇団。今回の公演は、日中戦争の頃の冴えない落語家が、時空を超えて現れた落語の中の登場人物と、権助という落語の中でのスターを探す、というちょっと一言では説明しづらい物語。
時空を超えたり物語が行きつ戻りつしたり、ともすると何が何やらという構成、それに圧倒される舞台美術。役者の腕が凄まじく問われる芝居だ。

主演のコンタキンテ、今年は七面六尾の活躍。今年の締めくくりのこの舞台が初主演となった。とにかく情けない冴えない落語家を見事に演じきった。シリアスな部分と、やっぱり脱ぐのね(笑)、というお笑いの部分、コンタキンテ全開放! という感じ。
そしてゲスト出演で芝居の狂言回しとして登場する立川文都。下町ダニーローズでの芝居以来、久々の舞台。落語家であり死神というキャラは、きゃしゃな風貌もあり実にはまり役。今回の舞台に関しては失礼な物言いかもしれないが「芝居の出来る落語家」ではない「落語が凄く上手な役者」である。死神の不気味さ、落語家の軽妙さを十二分に演じられていた。こんな優秀な役者をメディアが気づかないのは怠慢である!

しかし他の役者がちょっと芝居を体現しきれていない部分が残念。初日を観たせいかはじけ方が足りなかった。

0612221.jpg

スポンサーサイト

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。