FC2ブログ
~ 観劇、鑑賞の記録。リンク集そしてデータベース ~
無声映画「ポンペイ最後の日」他
7月某日 無声映画
「フランス初期作品集(活弁・片岡一郎)」
「ポンペイ最後の日(活弁・
澤登翠桜井麻美斎藤裕子)」
門仲天井ホール
■無声映画マツダ映画社

年に一度の弁士・澤登翠の一門会。いつもの無声映画鑑賞会に特別編として「活弁映画史講座」を開催。世界で最初の映画と日本で最初の映画を上映。これは貴重。
映画というものは写真が動く、というのが最初であり、それで何を映すかというのがイマイチ確定していない時期の作品が「フランス初期作品集」。ただの記録映像やら、起承転結の起と結しかないような2,3分のコメディーや風景を映したものなどが寄せ集められた、映画と言うよりは記録映像。
日本の最初の映画も起承転結の起と結しかないような5分ほどの時代劇。しかしこれは一応ストーリーはあるらしい。字幕すらもないので何のことやらさっぱりわからん話ではあった。
日本の最初の映画撮影所は大久保にあったそうだ。いまやコリアンタウンと化した街で日本の映画撮影のガチンコは鳴ったのだ。へ~~。

「ポンペイ最後の日」は1913年の作品だが、すでに合成技術や特撮が行われていたのだ。火山が大きな噴煙を上げて、それに逃げまどう人達の様子を、ミニチュアで撮影したとおぼしき噴火の画像と、逃げまどう人間の実写を合成していた。画質が悪い「ウルトラQ」の様だった(笑)。映像に音声を付けるより先に合成映像があったことに驚いた。

8/5に立川志らく師匠が監督した2004年の作品「不幸の伊三郎」を無声映画に編集し直して、それに澤登翠師匠が活弁を付けるという画期的な上映会がある。
こういうのをもっとやって欲しい。「男はつらいよ」や「仁義なき戦い」の活弁バージョンっていうのも十二分に有りだと思うのだが。配給会社も金儲けばっかり考えないで、ちっとは草の根運動で映画の面白さを再発見する試みに参加して欲しいものだ。

 060726.jpg

スポンサーサイト



テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ウルトラQ『ウルトラQ』(ウルトラキュー) は、ウルトラシリーズ(空想特撮シリーズ)第1作のテレビドラマ。※作品中に登場する怪獣についてはウルトラQの登場怪獣を参照のこと。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Arti
2007/11/19(月) 06:40:24 | 特撮動画への誘い