FC2ブログ
~ 観劇、鑑賞の記録。リンク集そしてデータベース ~
歌謡ショー「北島三郎特別公演」
3月某日 歌謡ショー「北島三郎特別公演」新宿コマ劇場
■公式HP


日本人なら観なきゃ、ということで(笑)サブちゃんを観に娯楽の殿堂コマ劇場へ。

一部は山本陽子を迎えての人情芝居「あばれ無法松」。もうベタベタの人情劇。とにかく明朗な内容と演技。年配者に優しい芝居である。もうちょっと要素を詰め込んでもいいような気はしたが……、ハンカチを手にすすり泣く姿があちこちで。王道一直線、これでいいのである。

第二部は歌謡ショー「北島三郎大いに唄う」。まずは電飾キラキラのセットで20数名のフルバンドを従えて、ヒット曲を1コーラス(1番だけ唄う)づつ繋げ、曲のエピソードなどをイントロで語りながら大いに唄う。ダンサーも華を添えるが、このダンサー、ドレスで着物で一糸乱れぬ踊りっぷり。上手い上手い。
そして舞台は展観して一気に演歌の花道のセットのよう。男唄をまた大いに唄い、最後に殺陣を披露して、再度展観。
今度は漁船登場! スモークの波に揺られ舳先でサブちゃん「北の漁場」を熱唱。船の揺れ方は半端ではない。本当に海の荒波に揺られるかの如く回り傾き揺れ動く。たった1曲のためにそこまでやるか、という演出。
そして幕が下がり、和太鼓が打ち鳴らされ、いよいよフィナーレの「まつり」である。ハッピの踊り子の威勢のいい踊りに幕が上がると、電飾の巨大なよろいかぶとを背に巨大な神輿登場。神輿からクレーンが伸び、その先には羽ばたき天を駈けるペガサス。そしてそれにまたがるサブちゃん! 紙吹雪が舞い、舞台上総勢126人が踊り、クレーンのペガサスとサブちゃんは客席上空を右へ左へ上へ下へと駆けめぐる。凄い! 圧巻である。わけもなく泣けてくるのだった。

噂では凄いとは聞いていたが、聞きしにまさる豪華さである。芝居と歌謡ショー併せて3時間。サブちゃん出ずっぱり。1日2公演の日もあって、1ヶ月公演が全国4カ所で行われる。平均して1万円の入場料で2000人クラスの小屋が連日満員。セットも規模も凄いが、総勢200人近い一座を束ねてこの大規模の公演を連日こなすサブちゃん、おん歳71……凄過ぎ !! 日本人なら一度は観なきゃいけません。

※ちなみに「e+」の得チケで、S席が半額の6000円で購入できます。残りわずか。この機会に是非。

070314.jpg

スポンサーサイト



テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

LIVE「鬼頭径五」
5月某日 LIVE「鬼頭径五」Neked Loft
■公式HP

ロックという様式美には何の興味もない。言葉やメロディーが形を超えて出てきた物にしか興味はないのだ。
鬼頭径五の曲はタフだ。形をぶっ飛ばして、こき使ってるようなタフさがある。形の中で縮小再生産を繰り返してる、ロックと呼ばれる形態模写とは違うだろう。

Neked Loft は初めての小屋だった。狭い……煙い……、後半何曲か目も開けられず、意識がもうろうとしていた。鬼頭さん、もっと広いところでやってくれないと、もう観に行けません(泣)

 060603.jpg

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

LIVE「pigria」
6月某日 LIVE「pigria」下北沢ERA
■公式HP(試聴曲有り)

観る度にぶっとくなっていく。アレンジが変わるわけでもなくステージ構成も大きく変化したわけでもない。キリキリとした緊張感より、ライブユニットとしての存在感が大きくなって行く感じ。でもそちらの側面が大きくなりすぎて、言葉の世界観がそっちに吸い込まれていくのは怖い感じもする。
しかし、これだけのクオリティーの楽曲とパフォーマンスがあるのに、お客少な過ぎ。FM局とかに売り込めばいいのにな~。
 
 060602.jpg

LIVE「pigria」
LIVE「pigria」渋谷TaU KITCHEN
■公式HP

pigriaの2回目のライブ。今回は音にたゆたうような柔らかな感じがした。もっとステージを重ねて音や表現の懐が深くなると、とんでもなくなりそうである。早く音源発売してくれ~。
 
LIVE「三上博史」
2/某日  LIVE「三上博史」SHIBUYA O-EAST
■公式HP

11年ぶりのライブ。以外に音楽活動をしていることを知られていないが、日本では希有なミュージシャンだと思う。アングラの匂いをプンプンさせながら、その甘美さに卑屈さがない。今回はホーンセクションをフューチャーし、ジャズロックからのアプローチ。新しいアルバムはいまいちピンと来ていなかったが、ライブで聞くと良かった。もっとライブやって欲しいものだ。
 
LIVE「pigria」
2月某日 LIVE「pigria」Club Asia P
■公式HP


このユニットの初ライブ。音の完成度は最初なのに相当高い。演奏というか世界観というか、薄氷の上のような危うい緊張感が心地よい。
 
LIVE「甲斐よしひろ」
2/某日  LIVE「甲斐よしひろ」SHIBUYA O-EAST
■公式HP

小屋が小さい上に一列目で土屋公平の真ん前。ギターアンプの生音が聞こえすぎて何が何やら……。
キーボードだけで演奏された「射程距離」、ライブで聞くの初めてかな~。
 
LIVE「石川さゆり」
1月某日  LIVE「石川さゆり」リリア・メインホール
■公式HP

ジャズバージョンの「かもめという名の酒場」がいい!DVDになったら買いそう。やはり「風の盆恋歌」で泣く。
 
LIVE「Fenomeno」
1月某日  LIVE「Fenomeno」六本木Y2K

ライブ当日に寝坊して来るという大物ぶりを発揮したVo.高橋君、今回は少し大人しかったな~。新曲は渋めに責めてきたか。

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽