FC2ブログ
~ 観劇、鑑賞の記録。リンク集そしてデータベース ~
落語会「柳家一琴の会」
11月某日 落語会「柳家一琴の会」 なかの芸能小劇場
■公式HP

久しぶりの独演会。
まずは開口一番立川らく太。ネタよりもこの会の会場を間違えて一琴師匠に怒られたというしくじり話の方が面白すぎた(笑)。
ゲストは江戸神楽の鏡味仙花鏡味仙三郎社中は寄席で観たことがあった。江戸大神楽とあるが、上方太神楽とかあるのだろうか? 

で、一琴師匠。ネタ下ろしの「てれすこ」。所変われば呼び方も変わる、という前ふりがマクラであって、サゲでなるほど! と膝を打つ。良くできたネタだ(笑)。
そして「鼠穴」。私はこの噺好きではない。というのも夢落ちというのがどうにも解せない、というのがあるのだ。雑誌編集者時代、この夢落ちという物語の作り方はタブーとされていたのがトラウマとなっているのかも。
今までも何人かの噺家さんで聞いてきたネタだが、ケチな兄のキャラが演じる人によって微妙に違う。実は心根のいいしっかり者のパターンと、実はただのケチな強欲者、というパターン。今回は前者のパターンだった。田舎訛りで演じられたせいもあるかも。この訛りが味わいがあって良かった。
今回演じられなかったが一琴師匠考案の別のサゲがあるという。そっちで聞きたかったな~。
中入り後にネタ下ろしの「鬼の面」。埋もれているあまりメジャーではない噺だそうだが面白い! 旦那のと女将さんのせめぎ合いが最高。
埋もれた作品には埋もれるだけの理由、つまらないから埋もれたという理由がある。以前一琴師匠が演じた「莨(たばこ)の火」というネタもそうだったが、なんで埋もれたのかわからない。一琴師匠の巧さなのだろうか。
それにしても一琴師匠の親子物の噺は面白い。「子別れ」の上中下、たっぷりやってくれないだろうか。

071104.jpg

スポンサーサイト



テーマ:落語 - ジャンル:お笑い

舞台「コンタキンテのNON STOP!」
11月某日 舞台「コンタキンテのNON STOP!」 THE GUIDE
■公式HP

「私の(さわやかな)下ネタは止められない!!」というチラシのコピー。さわやかな下ネタって……(笑)。軽くさらっと受け流す下ネタから、そのものズバリの下ネタまで7本+危険なロケ映像作品。

今回は語り中心のネタ2本がとんでもなく凄かった。
さわやかな演劇青年の独白で始まるネタ「ホンダケイイチ」。さわやかな笑顔と口調で語られる日常。それは女子高生から老婆まで無作為に襲うレイプ魔の日常だった。昨日食べたラーメンの話でもするが如く語る口調と表情、その話しっぷりに笑う客、笑うタイミングをなくす客、ドン引きする客、わずか50人足らずだがギュウギュウの会場の中での様々な反応が面白かった。
そして今度はM男の哀しい生き様を語った「クボタヨシユキ」。M男というキャラを演じながら、人間同士の絆や繋がりの在り方を描き出すような、演劇的要素が強い作品である。
ともに動きなしでの語りネタだが、表情ひとつ、口調ひとつまで緻密な計算がされているのだろう、まったく飽くことなく語りに引き込まれていく。2作とも性癖をテーマにした下ネタではあるが、笑いとともに人間を追求している。そんじょそこらの役者や芸人、劇作家に描ける世界ではない。
そんな重たさと痛みすら感じるようなネタもありつつ、下らなさに虚脱しそうな下ネタもあり、自民党本部前でビキニパンツ一丁でのY字バランス決行! という危険な映像もあり、お約束の客席乱入の爆笑ネタまで、濃密で無二無双なコンタキンテの世界を堪能できた。

そして昨年のライブの模様を収録したDVDが会場限定販売。映像でこの濃密な臨場感は味わえないだろうと思っていたが、何の小細工もない収録したまんまの映像なのに、画面で見ながら大笑いしてしまった。通販の予定もあるそうだ。これは買いですよ!

071101.jpg

テーマ:観劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

落語会「昇進記念の会」
9月某日 落語会「昇進記念の会」紀伊國屋ホール
立川志らべ立川らく次立川らく里
立川談春 立川しらく


志らく一門の志らべ・らく次・らく里の二ツ目昇進を記念した会。前売り完売! めでたい!!
まずはパンフレットに書かれた師匠・志らくの、弟子への愛情、兄弟子への愛情と敬意、それ以上に自分への愛に満ちあふれた文面に開演前から爆笑。

そして開演。師匠と3人の挨拶。二ツ目昇進なので口上とは言わないらしい。師匠の今夜だけは無理して笑って下さい、という愛溢れるお願いで開幕。

まずらく次が「桑名舟」。講釈に時事ネタをはさみパパーンと勢いよく決める。その勢いにちょっと圧倒される。この会、いや昇進に賭ける思いが伝わる見事な出来。
次に志らべの「権助魚」。 師匠譲りの芸か、本人そのものなのか(笑)、バカ、いや与太郎をやらせたら巧い!
そしてゲストでありこの会の仕掛け人の談春登場。実に楽しそうにこの会開催の経由を話し、真打ち昇進の時にはこれよりでかい会場でやらなきゃマズイだろ、と3人にプレッシャーをかける。噺は「汲み立て」。汲み立てのう○こで締めるネタ。確信犯的ネタ選び(笑)

中入り後に苦労人らく里登場。元・快楽亭ブラ汁、元・立川らくB、そして2度目の改名でらく里。ネタは「反対車」。おっと意外にオーソドックスなネタで来た!? と思ったら、車に揺られ必死で車にしがみつく下りの「ここで死んでたまるか~」という台詞の後に仕込んだのは、入門から今回の昇進にいたる芸人の半生記。「若いときの苦労は買ってでもしろというが、俺は本当に買ったぞ!」という快楽亭門下時の悲惨な状況から、2度に渡る二ツ目昇進の取り消しの経由まで、吐き出すように語る語る、お客笑う笑う。
そして締めは志らく師匠。何をやるかと思いきや「死神」!! 弟子の渾身の高座が霞むような迫真の一席。師匠の姿勢にちょっと震えた。

3人共に今まで観た中で一番の出来だった。果たして誰が真打ちに一抜けするのか、真打ちの披露目はどこでやるのか、いや~楽しみだ。

070918.jpg

テーマ:落語 - ジャンル:お笑い

落語会「志らら日記」
9月某日 落語会「志らら日記」高円寺studio-k
■公式HP


立川志らくの2番弟子でありながら、高田文夫の付き人である立川志らら。今年から毎月行われている定例落語会を観劇。
おおよそ落語会ではなじみのない土地と会場。ここを根城に据えて毎月やろうとする心意気は凄い。同日に上野の寄席で行われたた某前座さんの会には30人ほど入ったそうだ。通常の寄席の興行と思って入ってくるお客も多数いたとか。まあこの高円寺の会場に通りすがりで入るお客はいないわけで、となると濃い志ららマニアが1ヶ月の志らら活動報告を聞きに来る会となる。でもそんな濃いお客じゃなくても十二分に爆笑できる活動報告。今回はマニア度が濃密過ぎる人数だったので、相当マニアックな立川流前座達のしくじり話と、とってもメジャーな笑福亭鶴瓶の裏話で笑わせる。桂文字らのしくじり話で笑っている自分が、ブームと言われているが実は2千人しかいないとされている落語ファンの一員になったことを実感する(苦笑)

でネタはというと「湯屋番」「目黒のさんま」「鮑のし」。
ちゃんと噺の最後にネタの名前を言ってくれるのが嬉しい。面白いな~この噺、と思っても名前がわからない、ということが多々ある落語会。まだまだ2千人の端っこの端っこにいる私のような者は、初めて聞く噺が多いのだ。「湯屋番」「鮑のし」は初めて聞く。
若旦那があらぬ妄想にニヤける「湯屋番」で相当笑う。やはりちょっと艶っぽいというか「あ~ら、ちょっとおまえさん」とかいう下りが入る噺を語らせたら巧い。その台詞の言い回しは師匠を超えている気がする(笑)

次回は、来月大阪で行われる笑福亭鶴瓶の会にゲストとして招かれる事なった立川志ららが、いかに高座に上がり、どんな風に大阪のお客に迎えられたか、という活動報告がなされるという。すげ~聞きたい。が、来月は行けないんだよな~。どなたかレポートを!

070915.jpg

テーマ:落語 - ジャンル:お笑い

落語会「モロ師岡・モロ噺」
8月某日  落語会「モロ師岡・モロ噺」上野広小路亭

久しぶりにゲスト無し前座なしのモロさん単独公演。
まずは十八番の「天狗裁き」。愛人が夢を聞きたがって始まるバージョンで、さらにサゲがまたリアレンジされていた。このバージョンの方が奥行きと広がりが大きく面白い。
そして名作「家族のポスト」。モロさん涙を浮かべての熱演。
これどっかでCDにしないかな~。「天狗裁き」と「家族のポスト」の組み合わせで出せないものかな~。名作は残さないといかんぜよ。
締めは「怪談・百円物語」。ちょっと急ぎすぎの感が。終演時間に追われていたようだ。キャラの設定と演じ分けが見事。
でもやっぱり怪談話は客席を暗くした方が、出来れば高座もピンスポットで、と思うのだが。

次回ゲスト春風亭昇太!! いきなり新作落語界のちっちゃいドン(笑)登場! 新作落語 vs. サラリーマン落語の頂上決戦である。チケットはお早めに!!


070831.jpg

テーマ:落語 - ジャンル:お笑い

落語会「晴れて二ツ目全員祭」
8月某日 落語会「晴れて二ツ目全員祭」日暮里サニーホール
立川平林 立川志らべ 立川らく次 立川談大 立川談奈 立川キウイ 立川らく里 泉水亭錦魚 立川吉幸 
■各プロフィールはこちら


昇進直後の二ツ目が9人出る落語だけの会。ちょっとキツイか~、と思っていたが(苦笑)、さすがは立川流、二ツ目といえどもレベル高し。十二分に楽しめた会だった。

私のこの日の一番のネタは、キャリア官僚のような固い面持ちの立川らく次が、長屋の粗忽者達の愛嬌に満ちた右往左往を語った「黄金の大黒」。次いで立川談大「不動防」、そしてトリを勤めた立川吉幸「子別れ」。

紆余曲折、内定、内定取り消し、再試験、と修羅場をくぐった9人である。満員御礼で良かった良かった。冷房効き過ぎて寒かったけど(苦笑)

070816.jpg

テーマ:落語 - ジャンル:お笑い

落語会「談四楼独演会」
8月某日 落語会「談四楼独演会」北沢八幡神社参集殿
立川らく兵 立川らく太 立川三四楼 立川キウイ 立川談四楼 大至

遅刻して前座さんとキウイさんの噺に間に合わず。
談四楼師匠の一席目はゲストが元力士ということで、相撲ネタの「阿武松(おうのまつ)」。純朴な若手力士と気っぷのいい親方、人情に厚い宿屋の旦那の気持ちのいい人情話。ゲストもさることながら、朝青龍問題の昨今にひじょうにタイムリーなネタ。こういう噺のような気持ちのいい関係で師弟関係が築けたら、トンビもタカを育てられたのにな~。

ゲストの大至さん。元力士で現在歌手活動をされてる方だそうだ。
まずは相撲甚句を一声。甚句とは民謡の一種らしく、力士が本場所以外で開催される相撲の土俵上で唄うのが相撲甚句。最近民謡やら小唄やらが妙に心地よく感じる。この甚句も心地よい。
いい声というより気持ちのいい声。す~っと気持ちを静めて、声が沁み入ってくる。
約1時間の歌とトーク。相撲界の裏話や現役時代の話など、興味深く聞く。力士というのは700人もいるそうだ。そんなにいたのかと驚いたが、相撲人気の頃は1000人近く居たそうだ。へ~。でも十両以上の入幕を果たすのは40数人。他のプロスポーツからみても相当狭き門。へ~~。で、現役の期間もそんなに長くないし、かなり厳しい世界なのね。すると尚更今回のゴタゴタは関係者を悩ませることになったろう。仮病で仕事休んで実家に帰って遊ぶって、どんだけ子供の発想だよ(笑)。
そして歌の方では、最近100万枚と突破した「千の風になって」を唄われたのだが、この歌、流行る前から知っていたのだがどうもあのテノールの声に馴染めなくて、まったく気持ちに入ってこない曲だった。大至さんの声で初めてちゃんと聴けた感じがした。 いい曲じゃん(苦笑)
そしてこの日は終戦記念日。「終戦(新生日本)」という甚句も歌われた。敗戦から立ち直り、与えられた自由主義を胸に、老いも若きも手を取って明るい未来を目指そうという唄。目指した未来、60年経ち未だ世界から戦火は消えない。

談四楼師匠最後の一席は「ぼんぼん唄」。待ってましたの一席。今回は録音もされてるそうでCD化の予定もあるのか!? この名作は世に出さねばいけません。
序盤の迷子と出会うシーン辺りですでに涙腺決壊。私の中ではこの迷子との遭遇シーンは、迷子で死にかけていたウチの子猫を拾ったときと被るので、ある種リアルに感じてしまうのだ。う~ん泣ける。最後まで泣かせて終わってくれたらもっといい噺なのに、なんで最後はああなるかな~(苦笑)。


8月某日 CD「談四楼の人情ばなし2」
■商品公式HP

談四楼師匠のCD第二弾。
笑える人情噺「井戸の茶碗」と、漢(おとこ)同士の凛とした人情噺「柳田格之進」。二席のベストカップリング。
「柳田格之進」の一人の男として、侍として、父としての葛藤が見事。サゲの一言で武者震う。名盤間違いなし。聞くべし!




テーマ:落語 - ジャンル:お笑い

狂言「萬狂言 夏公演」
7月某日 狂言「萬狂言 夏公演」国立能楽堂
■公式HP

「蚊相撲」
蚊の精と大名が相撲をとり、なかなか大名が勝てずに家来に当たり散らす、という話。夏の狂言の代表作だそうだ。

「船ふな」
主人と家来が「船」を“ふね”と呼ぶか、“ふな”と呼ぶかで言い争う。主人を
人間国宝の野村萬が、家来を孫で10歳の野村虎之介が演じる。

「鳴大家守」
一般公募による新作! 落語にも一般公募の新作コンテストがあるが、狂言にもあったとは。話の組み立て方はしっかりとした狂言で、話のラストは落語的な落とし方。外人客が多かったが、客席は笑いに包まれた。

「金津地蔵」
詐欺師に騙され人間の子を地蔵として買った田舎者。さっそく拝めるが、まんじゅうや酒を欲しがる。その背後には先の詐欺師が……。

亡くなった野村万之丞さんの舞台を観て以来だから、4年ぶりとなる狂言鑑賞。
狂言を観るというと肩肘張りそうだが、分かりやすい演目が並んだこともあり、ケラケラ笑いながらのお気楽な鑑賞。
狂言は短編のコメディー映画を観るのと同じ感覚でイイと思うのだが、観たこと亡い人間は難しそうと思うらしい。私も思ってましたが(苦笑)
そんな方々は10月の「現代狂言」に是非足を運んで頂きたい。野村万蔵、南原清隆、渡辺正行、島崎俊郎が出演。まさかアダモちゃんは出まいが(笑)

070729.jpg

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

落語会「 志らくのピン~シネマ落語(マイフェアレディ )立川志らく」
7月某日  落語会「 志らくのピン~シネマ落語(マイフェアレディ )立川志らく」新文芸坐
■公式HP
■シネマ落語配信HP

まずは「厩火事(うまやかじ)」と「錦の袈裟(にしきのけさ)」。
「厩火事」、ひさびさに聞くチンパン探偵の歌に大笑い。オリジナルが聞いてみて~(笑)。
で、この噺のテーマともなることわざ「夫婦喧嘩は犬も食わない」だが、これを再現する志らくさん。多分このことわざが出来てから、このことわざを再現した人間はいないのではなろうか(笑)。
「錦の袈裟」は初めて聞く噺だ。志らくさんが始めに解説されたように与太郎に女房がいる、という前提の噺は珍しい。与太郎に女房をあてがう、と言う噺ならなきにしもあらずだが。この与太郎の女房が何故そんなに機転の利く女房なのか、何故そんな女房がいるのか、という部分はまったく語られない。それがシネマ落語につながるとは……。

続いて「たらちね」。前座噺だそうだ。確かに前座さんで良く聞く噺で、そのせいかまどろっこしい面白みのない噺という印象が強い。ふくらましようのない噺故にどこに志らく流狂気をぶち込んでくるのか、と思ったが、意外とあっさり余韻を残して終わる。
そして本題の「マイフェアレディ」が「たらちね」の下として語られる。ネタばれになるので詳しくは記せないが、今まで聞いたシネマ落語の中で、一番落語っぽい噺だった。それこそ「たらちね」の下であり、「錦の袈裟」の上である。

かねてから志らくさんがシネマ落語は新作落語ではなく古典落語だ、と言ってるのが今回よ~くわかった感じ。だからこそ思ってしまった。ほかの噺家さんでもこの「たらちね」の下を聞いてみたいと。そういう伝承と発展があってもいいと思うのだがな~。

テーマ:落語 - ジャンル:お笑い

落語会「談志・志らく 親子会」
7月某日 落語会「談志・志らく 親子会」読売ホール
立川談志 立川志らく


久しぶりの親子会。まずは志らくさんの「片棒」。志らくワールド全開。長男が映画好き、次男が懐メロ好きという設定。映画を語る語る、懐メロ唄う唄う。このジャンルを知ってる人は大ウケ、知らない人は置いてきぼり。私の席の前後で笑いの温度差が極端に激しかったのがおかしかった。

続いて家元で「木乃伊取り」。定例の体調報告と、もうダメだ宣言をかる~く聞き流して(笑)、本題に。以前聞いたときは大旦那である父親と母親がもっと前に出ていたが、今回は権助が前に出てきていたような。サゲに仕込まれた小ネタ、意表を突かれたな~。まだまだ家元闘っております。

中入り後志らくさんの「茶の湯」。ピーター?ジョンソン? 違和感なく古典にぶち込まれるあり得ないカタカナ言葉(笑)。古典の軸をぶらすことなく、ありったけ狂う落語。笑った笑った!

続いて「浜野矩隨」。これは人情噺だったんじゃ……。兄弟子の談四楼さんのCDで涙して聞いた噺だったが、すっかり喜劇になっていた。だが笑って済ますだけではなく、泣かせ処はきっちり押さえての人情喜劇。
最後におまけの一言で“偉大な父を持つ二代目”にエールを。大笑いでお開き。

と、再び幕が上がり家元と志らくさんとの軽いトーク。家元の横でさっきの狂人ぶりが嘘のように小さくなる志らくさん(苦笑)。家元に褒められ実に幸せそうであった。
 

テーマ:落語 - ジャンル:お笑い