FC2ブログ
~ 観劇、鑑賞の記録。リンク集そしてデータベース ~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 引っ越しのご挨拶
長らくご愛顧頂きました「見聞備忘録」を
お題を新たに「見聞写照記」と改めまして
新たなページに引っ越し致しました。
変わらぬご愛顧を承りますよう宜しくお願い致します。


「見聞写照記」
http://kenbunsyasyouki.blog98.fc2.com/



スポンサーサイト
演劇「ゼブラ(ONEOR8)」
11月某日 演劇「ゼブラ(ONEOR8)」シアタートップス
■公式HP


*4姉妹と母の母子家庭。父親は幼い娘を残し女と逃げた。
長女と四女は嫁ぎ、次女も挙式間近。三女と暮らしている母親は入院中で余命幾ばくもない状況。入院中の母親を見舞ってそれぞれの家族が集まる。夫の浮気に悩む長女。マリッジブルーの次女。夫の浪費癖に悩む四女。そんな時に母親が入院前に申し込んでいた葬儀の生前予約の確認に葬儀屋がやってくる。
ONEOR8の代表作、初の再演。

田村孝裕率いるONEOR8、初観劇。代表作と言うこともありいい作品。
何かが変わることや、何かが成長することがドラマとしてのイデオロギーなら、それをさりげなく否定しているかのよう。物語は人の人生のほんの少しを切り取っただけ。その時間をどう多角的に見て、どの角度から見せるか、それも物語の作り方。その角度によって奥行きも広がりも感じさせ、人をより曖昧な生き物として描いているようだ。

回想シーンや、回想と現在がクロスするシーンなどの演出も巧く、若い役者ばかりなのに勢いに任せる部分がまったくないしっかりとした芝居だった。特にラストの演出は秀逸。
今年3本目の田村孝裕脚本の芝居だったが、全部家族の意地の張り合いと、家族の誰かが死ぬという内容だった。偶然だろうが、他のタイプの芝居も観たい。


071110.jpg

テーマ:観劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

歌舞伎「通し狂言 摂州合邦辻」
11月某日 歌舞伎「通し狂言 摂州合邦辻」国立劇場大劇場
■公式HP


*義理の息子に恋するあまり、その息子に毒を盛り醜い顔にしてしまい、息子は家出し落ちぶれてしまう。その息子を見つけ出してもまだ言い寄る義母。息子のいいなづけの姫を払いのけ、一緒に添い遂げたいと狂ったようにすがりつくのだった。しかし、その狂気の裏には、お家騒動で兄から暗殺されるという計画から息子を守るためという思いがあった。
39年振りで通し狂言として上演。

人間国宝・坂田藤十郎の狂気に悶える義母の迫真の演技に圧倒される。風邪か花粉症なのか、鼻水をすすりながらの演技だったが(苦笑)。
この義母は息子を殺させないためだけに人道を外れた恋を演じたのか、それともそこに真の恋心を持ってしまっていたのか、最後まで母と女の顔を狂気の下から見え隠れさせていた。

四幕の構成なのだが、最後の四幕目、義母の決死の計画と思いに打ち震える場面、一番の見せ場なのだが、この幕は長唄狂言でたっぷりたっぷりたっぷり間を取って見せる演出。20分で演じれるシーンを1時間半かけて観せるのだ。正直ちょっと集中力持ちませんでした。ストレートに演じて泣かせて欲しかった~。

そもそもこの長唄で感情を歌い上げ、演者はたっぷりの間と表情で客を惹き付ける歌舞伎ならではの演出方法だろうが、芝居小屋から始まった当時はお客が至近距離で役者の表情に固唾を飲んで魅入れる緊張感があって成り立った演出じゃなかろうか。それが2千人近く入る大劇場ではちょっと辛いんじゃないかな~。少なくとも私には辛い。もっと狭い空間なら緊張感もろとも楽しめると思うのだが。

071107.jpg

テーマ:観劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

落語会「柳家一琴の会」
11月某日 落語会「柳家一琴の会」 なかの芸能小劇場
■公式HP

久しぶりの独演会。
まずは開口一番立川らく太。ネタよりもこの会の会場を間違えて一琴師匠に怒られたというしくじり話の方が面白すぎた(笑)。
ゲストは江戸神楽の鏡味仙花鏡味仙三郎社中は寄席で観たことがあった。江戸大神楽とあるが、上方太神楽とかあるのだろうか? 

で、一琴師匠。ネタ下ろしの「てれすこ」。所変われば呼び方も変わる、という前ふりがマクラであって、サゲでなるほど! と膝を打つ。良くできたネタだ(笑)。
そして「鼠穴」。私はこの噺好きではない。というのも夢落ちというのがどうにも解せない、というのがあるのだ。雑誌編集者時代、この夢落ちという物語の作り方はタブーとされていたのがトラウマとなっているのかも。
今までも何人かの噺家さんで聞いてきたネタだが、ケチな兄のキャラが演じる人によって微妙に違う。実は心根のいいしっかり者のパターンと、実はただのケチな強欲者、というパターン。今回は前者のパターンだった。田舎訛りで演じられたせいもあるかも。この訛りが味わいがあって良かった。
今回演じられなかったが一琴師匠考案の別のサゲがあるという。そっちで聞きたかったな~。
中入り後にネタ下ろしの「鬼の面」。埋もれているあまりメジャーではない噺だそうだが面白い! 旦那のと女将さんのせめぎ合いが最高。
埋もれた作品には埋もれるだけの理由、つまらないから埋もれたという理由がある。以前一琴師匠が演じた「莨(たばこ)の火」というネタもそうだったが、なんで埋もれたのかわからない。一琴師匠の巧さなのだろうか。
それにしても一琴師匠の親子物の噺は面白い。「子別れ」の上中下、たっぷりやってくれないだろうか。

071104.jpg

テーマ:落語 - ジャンル:お笑い

舞台「コンタキンテのNON STOP!」
11月某日 舞台「コンタキンテのNON STOP!」 THE GUIDE
■公式HP

「私の(さわやかな)下ネタは止められない!!」というチラシのコピー。さわやかな下ネタって……(笑)。軽くさらっと受け流す下ネタから、そのものズバリの下ネタまで7本+危険なロケ映像作品。

今回は語り中心のネタ2本がとんでもなく凄かった。
さわやかな演劇青年の独白で始まるネタ「ホンダケイイチ」。さわやかな笑顔と口調で語られる日常。それは女子高生から老婆まで無作為に襲うレイプ魔の日常だった。昨日食べたラーメンの話でもするが如く語る口調と表情、その話しっぷりに笑う客、笑うタイミングをなくす客、ドン引きする客、わずか50人足らずだがギュウギュウの会場の中での様々な反応が面白かった。
そして今度はM男の哀しい生き様を語った「クボタヨシユキ」。M男というキャラを演じながら、人間同士の絆や繋がりの在り方を描き出すような、演劇的要素が強い作品である。
ともに動きなしでの語りネタだが、表情ひとつ、口調ひとつまで緻密な計算がされているのだろう、まったく飽くことなく語りに引き込まれていく。2作とも性癖をテーマにした下ネタではあるが、笑いとともに人間を追求している。そんじょそこらの役者や芸人、劇作家に描ける世界ではない。
そんな重たさと痛みすら感じるようなネタもありつつ、下らなさに虚脱しそうな下ネタもあり、自民党本部前でビキニパンツ一丁でのY字バランス決行! という危険な映像もあり、お約束の客席乱入の爆笑ネタまで、濃密で無二無双なコンタキンテの世界を堪能できた。

そして昨年のライブの模様を収録したDVDが会場限定販売。映像でこの濃密な臨場感は味わえないだろうと思っていたが、何の小細工もない収録したまんまの映像なのに、画面で見ながら大笑いしてしまった。通販の予定もあるそうだ。これは買いですよ!

071101.jpg

テーマ:観劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

映画「M」
10月某日 映画「M」 ユーロスペース
■公式HP

*夫と子供と郊外の一軒家に暮らす、一見幸せな妻。しかし夫婦はセックスレス。妻は出会い系で援助交際を始める。偶然その妻と知り合った少年は、虐待を受ける母をかばって父を殺した過去を持っていた。そして少年はその妻に母の姿を重ねる。妻は援助交際が地元のヤクザにばれて、脅迫され売春婦として客を取ることになる。それを知った少年は助けようと試みるが、妻はその境遇にある種の快楽を憶え始めていた。

現実の曖昧さというものを繕わずに正面から撮っている。主演の美元高良健吾の不安定さが、新人という部分なのか演出なのかは解らぬが、その現実の曖昧さを体現していた。きちんと整理がついていないであろう妻の秘めた快楽を、全く認識できない少年の目線に絡めて描くあたりは巧い。無理にその快楽を説明するポジションの役を作らず、あぶり出すようにMという快楽を内と外から描き出していた。
ただヤクザ役の田口トモロウがあまりにもはまり役過ぎて、主演二人とのバランスが取れてなかった感が。石川KINか佐野和宏で観たかった。
脇で出ていたなすびがかなりイイ! 舞台観たいな~。

全国で順次公開だそうだ。開けなくていい扉が開いてしまうかもしれません。観劇はお気を付けて(笑)

071016.jpg

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

演劇「ソウルの雨(弘前劇場)」
10月某日 演劇「ソウルの雨(弘前劇場)」 シアターグリーン
■公式HP

*青森の美術館。休館日に展示物の製作に追われる職員と作家達。そこに訪ねてきたは韓国から視察に来たキュレーターと、現在青森に住んでいるそのキュレーターの兄夫婦。
その兄妹の祖父祖母は戦時中に韓国人と日本人という禁断の恋に落ち、その後の動乱の中で波乱の生涯を送っていた。
実在する青森県立美術館を舞台に、韓国の劇団「劇団コルモッキル」とのコラボレーションとなった芝居。

人種や国と国と問題ということに寄って物語を描くのではなく、それを踏まえた上で現代に生きる人間と人間の物語として描いていた。
問題意識をテーマに据える物語は多いが、そこだけに目が向いて今の実際の生活や時代が見えてこない作品が多い。極端な話、この舞台は在日という設定を取り払っても人間同士の物語で成り立ってしまうのではないか、と思える部分は多かった。描くのは人間である。という姿勢が明確。それは韓国劇団を迎えても、どんなテーマを持ってこようとまったくぶれていない。さすが弘前劇場。
ただ今回のオープニングでいきなり踊られたヒップホップのダンスは、いらないな~~(苦笑)

071020.jpg

テーマ:観劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

演劇「雨の一瞬前(ユニークポイント)」
10月某日 演劇「雨の一瞬前(ユニークポイント)」 シアターグリーン
■公式HP

*第二次世界大戦の最中、休業中の旅館にケガを負った朝鮮人の男と朝鮮と日本のハーフの男が逃げ込んできた。徴用されていた施設から看守を殺し逃げて来ていたのだ。宿の女主人は二人を従業員としてかくまい、宿の営業再開を図るのだった。しかし隣人や訪ねてきた友人がそれに気づき警察に通報するのだった。そしてその晩東京にはまた空襲警報が鳴り響いた。
韓国から俳優を迎えての新作公演。

朝鮮に対する差別、戦争下で正気を失う人々、国家に洗脳された人々、権力、人道、倫理感、とにかく要素盛りだくさんの芝居。
前作「イメージの世界」が秀逸だったのと、韓国俳優との競演ということでかなりの期待感で観劇。……メインの4人と他の6人との温度差が激しく、絡み合う要素が同次元に並んで来ないような感じ。差別という要素と、戦争という要素とをぶつけた意味が共有できていないのか消化し切れてないのか、ちょっと単純な芝居に見えてしまった。この劇団がそんな単純な方向性を打ち出すレベルではないことは、何年も観劇し続けているのでわかるので、尚更ちょっと歯がゆい感じ。韓国人俳優の鄭龍山を含むメインの4人がかなり良かっただけに残念。劇団として劇団員を使うという枷を外したキャスティングで再演してしてくれないだろうか。
ちょっと新劇で観たいな~と思わせる脚本だった。

071014.jpg

テーマ:観劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

狂言「現代狂言2」
10月某日 狂言「現代狂言2」国立能楽堂
■公式HP



ウッチャンナンチャンの南原清隆が、芸能人の部活をテーマにしたテレビ番組で最初に狂言に挑戦したのがきっかけで始まった企画。今回は2回目。狂言師・野村万蔵とのコラボレーションというかなり本格的なバックアップを得ての公演
「狂言とコントが結婚したら」というコンセプトで、今回はコント赤信号の渡辺正行、ヒップアップの島崎俊郎ドロンズ石本らを迎えての公演。はっきりこの3人目当てでの観劇。

*「二人大名」
野村万蔵らによる、本物の狂言でまず開幕。
二人の大名が野遊びに出かけた時に、道すがらの通りがかった男に供をを命じ、刀を預ける。ごちゃごちゃ注文を出す大名に嫌気がさした男は、預かった刀で大名を脅かしからかい始めた。スタンダードな「大名狂言」と呼ばれる種類の喜劇狂言。

*「一人サラリーマン」
「二人大名」を現代に設定を置き換え、社長と副社長にバカなサラリーマンが一泡ふかす、というストーリー。
社長に渡辺正行が扮して、登場でシーンでは赤信号の懐かしのコントで登場。丸井の赤いカードを颯爽とかざす。さすがにコーラの一気飲みはNGだったそうだ(笑)

*「TANE~種~」
新作の狂言(?)。設定は現代。大物狂言師(島崎俊郎)と若手のコントグループ「世阿弥」がテレビ局のイメージキャラクターに起用され、そのCM撮影が行われていた。その時、狂言を創ったとされる世阿弥の霊がコントグループの一人(南原清隆)に取り憑き、ノリの軽い敏腕ディレクター(野村万蔵)の指示を無視して動き始めた。狂言+コント+ダンスで綴る喜劇。

野村万蔵が企画・監修に関わっているのだから、それなりの狂言としての成り立ちは維持しているだろうと思っていたのだが、始まりが芸能人の部活である。それにつられるかのように狂言師にとっても部活レベルの公演。狂言をやるのではなく、コントで狂言をやっている感じの方が強い。狂言の始まりは説法をわかりやすく見せるための寸劇ということで、コントと同意義の部分もあるが、最小限の言葉と動きで伝える内容の奥深さを感じさせる、という部分がまるでない。かろうじて「二人大名」で本来の狂言を見せる時間を取ったのがせめてもの救い。
コントという部分では渡辺正行・島崎俊郎のベテランの味わいは遺憾なく発揮されていた。ドロンズ石本の間合いの取り方も巧い。問題は……中心人物か。がんばってやっている姿を見せることで感動を得よう、という部活レベルの発想はテレビでは通用すると思うのだが、舞台では薄っぺらさだけが際だって見えてしまった。このレベルでS席7000円は詐欺だよな~。
落語にも挑戦しているのを寄席で観た。落語も狂言も布教活動には十分貢献しているのはありがたいが、テレビの中だけでやって欲しい。舞台をなめてるようにも見えかねないレベルの出来なのだから。

071009.jpg

テーマ:観劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

歌舞伎「十月大歌舞伎」
10月某日 歌舞伎「十月大歌舞伎」新橋演舞場
■公式HP


*「俊寛」
平家打倒の密議をとがめられ、鬼界ヶ島に島流しにされた俊寛ら三人。そのうちの一人は島の娘と恋仲になり夫婦の契りをかわした。苦しい島の暮らしに訪れたささやかな幸せだった。その時島に赦免の知らせを持って都から使者がやって来た。しかし島から出られるのは三人、夫婦となった娘は連れて行かれぬという。そして都では俊寛の妻が打ち首となったと聞かされる。絶望に満ちた俊寛は、迎えの使者を斬りつけ、その罪として島に残り、娘と仲間を船に乗せるのだった。

勘三郎が幾度となく演じた俊寛。巌流島で演じたこともある思い入れの深い作品。十年以上前、勘九郎時代に観ている。その時は俊寛の重みがあまり感じられず、幸四郎の方がはまり役では、と思っていた。が、今回は絶望感や悲哀が体から滲んでくるようで見事な重みが感じられた。

*「連獅子」
手獅子を持った狂言師が、親獅子が子獅子を千尋の谷へ突き落とし、登って来た獅子だけを育てる、という舞を華麗に舞う。狂言師が一旦花道へとさがった時に、二人の僧が宗派の違いで踊りが違うということで論争を始める。その時一陣の風と共に獅子の精が現れ華麗に毛を振り回し舞い踊り始めた。

中村屋親子三人による十八番。三人の息の合った毛振りは見事。これも十年ぶりくらいに観たが、前回は毛振りがまるで揃っていなかった。
舞と舞の間の、僧の論争の部分だけの狂言で「宗論」というのがあるらしい。観てみたいな~。

*「文七元結」
落語でお馴染みの噺を明治時代に歌舞伎に仕立てた芝居。
博打にのめり込んだ父・長兵衛を立ち直らせようと、自ら吉原へ身を売りに出かけた娘・お久。郭の女将は娘は下働きとして1年預かるから、その代わりに貸す五十両をしっかり働いて返しに来なさい、と父親を諭す。改心した長兵衛は、帰り道に店の金の五十両を失くして身投げしようとする男・文七を助け、身の上に同情し五十両を押しつけるように渡してしまう。家では女房に五十両を博打で使ったのだろうと罵られる。そこに助けた文七と店の主人が訪ねてきた。

落語でも歌舞伎でも鉄板の人情劇。今回は補綴で映画監督の山田洋次が参加。シネマ歌舞伎として映画化もされるらしい。それもあってか通常より歌舞伎色が少し砕けた感じの仕上がりだった。
今回の公演ではお久を中村芝のぶが演じていた。この役なら七之助が演じて当然のところだが、今回大抜擢じゃなかろうか。そして期待に違わぬ好演。可憐さと健気さを見事に演じ、素晴らしいお久だった。

071011.jpg

テーマ:観劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。